FXの口座開設の流れとその主な方法

未分類 0件のコメント

FXの取引をしたいなら、まず口座を作る必要があります。いわゆる口座開設です。開設する方法も複数ありますが、基本的にはWEBになります。その他にも郵送や実店舗などの方法がありますが、店舗で開設できる金融会社は限られています。

WEBで口座開設する流れ

FXの口座を作る時の流れですが、まずは業者の公式サイトにアクセスします。サイトには申し込み用の入力フォームがありますから、必要情報を入力する訳です。投資取引の経験や金融資産やメールアドレスなど、色々な情報を入力します。
そして金融会社にデータを送信した上で、書類も提出する訳です。WEBで申し込みする場合は、書類の画像データを送信する事になります。まずはスマホのカメラやデジカメなどで書類を撮影した上で、画像データを作成します。そのデータを金融会社に送付すれば、一旦は申し込み手続きは完了です。
申し込みデータを送信しますと、FX業者による審査が行われます。それで特に問題なければ、口座を作成できる訳です。
その後は、国内業者の場合はパスワードなどが郵送されてきます。海外業者の場合は、メールでパスワードが送付されるのが一般的です。そして口座に入金して、取引を開始するという流れになります。

郵送や窓口で開設する方法

上記のWEBでの申し込み方法の他に、郵送もあります。まずは金融会社から申し込み用紙を取り寄せます。いわゆる資料請求などの方法で、申込書を送ってもらう訳です。
その申込書に記入して、本人確認書類のコピーと一緒に返送します。それで金融会社での審査が完了すれば、口座開設は完了です。
その他にも、実店舗という方法があります。一部の金融会社では、店舗窓口で口座開設の手続きを受け付けています。窓口で担当者に話しかければ、簡単に口座開設できます。郵送やWEBと違って、口座は申し込み当日中に作る事ができます。

口座開設できる店舗は限られる

上記の実店舗という方法は、スピーディーに口座を作る事が可能です。WEBの場合は、口座開設が完了するまで数日かかる事も多いですが、店舗窓口なら即日開設できる訳です。
ただし申し込みが可能な実店舗は、かなり数が限られています。現状では、数社の証券会社のみ窓口で口座開設を受け付けている状況です。また口座開設するためには、窓口に行かなければなりません。
それに対してWEBの場合は、わざわざ証券会社の窓口に行く必要もありません。多くのFX業者は、WEBで口座開設の手続きを受け付けていますし、多くの方はインターネットで手続きを進めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です