株式投資での利益の出し方

未分類 0件のコメント

最近では当たり前のように株式投資を一般人が行うような時代になっています。
株式投資というのがやりにくかった最大のポイントとしてあるのは手数料でした。店頭取引では1回の取引に数千円くらいの手数料がかかるというのが当たり前だったので、一度に大きく購入するか一度購入したら大きく変動するまで取引をしないというようなやり方しかほとんどできなかったと言っても過言ではなかったです。
とにかく手数料が負担になったことが昔はとても多かったのですが今はかなり手数料が安くなっています。これは自由化が進んだから、ということでもありますが、ネット取引が盛んになってきたので店頭取引のような直接的にその業者の人が作業をして売買契約が成立するというような形ではなくなっているので、コストを抑えることができるようになったわけです。
株式投資における最大のポイントとしてとにかく利益を出すというのが目標になるわけですがその利益の出し方には二つの方法がおおよそあります。
物凄く厳格にいいますと他にもあったりしますがおおよそ普通の人ができるような株式取引における利益の出し方は二つです。
それがまず差益です。買った時の金額が今の金額よりも高いのであればその時に売れば利益になるということになります。買う側からのアプローチをするということが多いですが売りから入ることもできるので価値が下がることが予想できるような株式銘柄であれば空売りをしておくということでこちらも価値が下がっているが差益が得られる、ということになります。
もう一つは配当金をもらうということです。これには優待券なども含めて考えられるということが多いです。優待券なども含めて配当利回りがいくらであるのかということを考えて投資を行っているという人も多いです。この場合、一度の取引で何倍もの利益になるというわけではないのですがある意味安定しているということは間違いありませんので人気があります。
また確実に配当が常に毎年出るのかと言うとそうではなく配当を出さないようにしたということが発表されたりしますと株価が大きく下がるということもありますので、言うほど安定している安全な株式投資のやり方というわけでもないので勘違いしないようにしておきましょう。
しかし、とにかくこのどちらかが基本的には株式投資における利益の出し方である、というのは理解しておきましょう。どちらを狙うのかバランスを考えることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です